日本のコロナウイルス感染「私はウイルスをまき散らす」バーを訪問

入院治療中の肺炎の症状

酒場に行った日本人男性がウイルスを広めると言って死亡した.
19日に, 陽性のコロナを受け取った後19, 京都の通信社は、バーで従業員と物理的に接触していた男性が死亡したと述べました.
死亡した男は蒲郡市に住む57歳の男, 愛知県, 病院での入院治療中に18日に亡くなりました.
 
5日入院した男性が発熱と呼吸異常を示した. 死因はコロナ19感染による肺炎です.
男性は肝細胞癌も患っていました.
 
男性は4日にコロナウイルスに陽性でした.
保健所は男に家で待つように頼んだ. 男は家族に言った, 『私はウイルスを広げます,’ それからタクシーで出かけました.
 
その後, 私は約滞在しました 40 15分のフィリピンスタイルのバーで数分.
日本のメディアが発表したCCTVの画面, 男性は女性産業の肩に手を置いて身体的接触をしました.
男性と接触した女性従業員はコロナの間に否定的でした 19 テスト.
しかしながら, 別の女性社員, 男が横たわっている待っているソファーにいなかった人, コロナ19に陽性でした.
バーオーナー: 男は3月に来店 4, 後 6 午後, 開封直後, 最初はとても静かでした.
その後, カラオケルームでハウンドグとキャロルの曲を喜んでリクエストして店内で歌いました.
6:30 午後
ある知人は、その男がコロナウイルスを噴霧していると言って家で飲みに行ったと言われています.
恥ずかしくて店員に確認されたとき, 私は前向きな人だったことを認めました, すぐに店を辞めて保健所と警察に報告しました.

愛知県蒲郡市コロナウイルス感染症

男が訪れた酒場は、彼が使った食器を2か所で処分した後に捨てられた.
バーオーナー: 同じ日に, 保健所の職員が店内や店舗周辺の駆除に駆けつけた, とりあえず閉店しました.
当日働いていた従業員でさえ、生活の場を完全に奪われました.
それは「テロリズム」のようなものです. 厳しく罰せてほしい.
その間, 亡くなった男性と一緒に住んでいた両親は3日にコロナ19が確認されました.

トップに戻るボタン